独立して5年が経ちました。


4月で29歳になりました。気づいたら歳を取っているものです。若者扱いで諸先輩方から色々大目に見てもらえるのも、そろそろ終わりのようです。
Facebookなんかでお祝いメッセージをもらった人の顔ぶれを見ても、もう何年も会ってない方ばかりだなぁと思いふけるのでございます。

ブログも1年近く更新していなかったので、ちょっと近況を。

24歳になる時に新潟で独立して、もう5年も経ちました。
やっている事自体は特に大きく変わらず、新潟の特産品を扱う通販サイトの運営と、あとはWEBサイトの制作です。
WEBサイトの制作は、WEB会社さん、デザイン会社さんからのコーディングの受託や、Wordpressを中心とした開発関係の受託などが中心で、ほとんどが東京からのお仕事です。

わりとのんびり細々とやってきましたが、昨年はなかなかの忙しさでした。

去年の夏に、税理士の勉強をしながら通販の受注や経理などをやってくれていた長田が東京に戻り、メンバーが4人から3人に減り、人手不足から弟を実家から新潟に連行。

それでも人手が足りず、近隣で同い年の3人組の会社「株式会社クフー」と合併して7人の会社になりました。
それでも年末は通販も忙しい上に、制作案件も詰まり、12月はほとんど朝帰りという状況でした。

合併に関しては色々心配な面もありましたが、歳も近いし、やってることも近いし、お互い創業からそこまで年数も経っていなかったので、比較的スムーズに進んだと思います。手続き関係ではそれなりにお金がかかって面倒なこともありましたが、スタッフそれぞれの個性や強みを活かしつつ収まるところに収まったような感じがするので、合併して良かったと思っています。

合併直後はしばらくバタバタしてましたが、最近になってようやくちょっと落ち着いてきて、直近で3人新たに採用し、学生のアルバイトの子なども出入りするようになって、気づけば総勢11人。
事務所もちょっと手狭になってきたので、下のフロアも新たに借りました。長いこと3〜4人でこもって仕事していたので、なんだか随分会社らしくなったように感じます。

1F増床しました。詳しくはまたの機会に。

1F増床しました。詳しくはまたの機会に。

一緒に独立した入澤と誕生日が一緒なので、毎年一応ちょっとランチを贅沢にするくらいのことはしていたんですが、人が増えたら誕生日も賑やかになるものです。社員の子がケーキ買ってきてくれたので、みんなで食べました。

ケーキが似合わなすぎて写真を撮られる人

ケーキが似合わなすぎて写真を撮られる人

今いるスタッフは、自分をはじめ、1987年生まれのゆとり第1世代と、1988年生まれのゆとり第2世代が多く、平均年齢もそのくらいです。WEBの経験のみならず、そもそもの社会人経験もまだまだ浅いスタッフが多いですが、みんなで頑張ってます。

元々何がやりたかったわけでもなく就職して、なんとなく独立したような私ですが、自分たちで作った会社に若手が入ってきて、楽しそうに働いていたり、成長していく姿を見るのはなんだかとても幸せなものです。もちろん人件費は増えるし、責任も大きくなるし、教えるのも手がかかるし大変なんですが、今後も積極的に人は増やしていけるようにしたいなと思っています。

新潟(地方)でWEBの会社をやるにあたって、一番の問題はおそらく採用面です。優秀な人材の確保ができなければ、地方でWEBの会社を成長させていくことは難しいと思っています。
ただ、新潟の転職市場で若い技術者を採用するのはなかなか難しいです。僕らが若いこともあって、マネジメント的にあまり年上でもやりにくいし…。新潟の若手の多くは東京に出ているんだろうし、新潟は他県からどんどん人が集まってくるような土地じゃないので。若い子を社内で育てていく方向で考えないといけないのかなぁなんて考えています。

そうなると、いよいよ会社づくり・組織づくり、マネジメント、なんていう話になってくるわけです。

新潟の若い子たちから「ここで働きたい!」と思われる会社を作るにはどうしたらいいか。新しく入ってきた人たちがいきいきと働く環境を作るにはどうしたらいいか。自由な社風の中で、どこに出しても恥ずかしくないような社員を育てるにはどうしたらいいか。

独立してからだいぶ経ちますが、はじめてそんな社長らしいことを考えるようになりました。またそうなって初めて(?)前職の経験が活きていることを実感するようになりました。

現在は通販サイトの運営や、WORDPRESSサイトの構築などを主な仕事にしていますが、それらのスキルのほとんどは新潟に来てから独学で身につけたものです。
WEBのスキルなんてネットで情報が溢れているし、調べれば自力でたいがいのことはできるんじゃないの?なんて考えていましたが、会社づくり、組織づくり、マネジメントといったものは、実際にその空気感を経験しないとなかなか身につかないものなんだろうなぁと思います。

22〜23歳頃の2年間、創業間もないベンチャー企業でお世話になっていましたが、まだ組織も小さく、社長と非常に距離が近かったのもあり、いろいろなことを教えて頂きましたが、その時に言われていたことやその意図が今になってようやく身にしみてわかるようになった気がします。ちょっとおとなになったみたいです。

やっぱり人が増え、組織ができていく過程の中で気づくことや、身につくことっていうことがたくさんあるみたいです。
会社が成長している今の状況の中で、みんなでどんどんレベルアップしていきたいと思います。

ではまた。


カテゴリー: ゆとり起業日誌 | タグ:

この記事を書いた人。

谷 俊介

代表取締役 谷 俊介

この会社の代表取締役。1987年生まれのゆとり第一世代。
海城高校・上智大学法学部出身。

大学在学中から西新宿のITベンチャーでSEO/SEM・WEBマーケティングに携わった後、23歳の時に愉快な仲間達と新潟に移住し独立。気づけば立派なアラサー。

>>もっと詳しく