新潟県との連携による県産農産物の販促キャンペーン「新潟産品食べるエールプロジェクト」がスタート

310 view

食べて応援、「新潟産品食べるエールプロジェクト」!

県内最大規模の産直ECプラットフォーム「新潟直送計画」を運営する株式会社クーネルワーク(新潟市西区小針、代表:谷 俊介、以下 クーネルワーク)は、新潟県と協力し、新型コロナウイルス感染症の影響が懸念される県産農産物等の販売促進キャンペーンを、6/10より開始いたします。

「新潟産品食べるエールプロジェクト」特集ページはこちら

「新潟県公式サイト」はこちら

食べて応援、「新潟産品食べるエールプロジェクト」!

新潟産品食べるエールプロジェクトは、新潟県が実施する、新潟産品の販売促進キャンペーンです。「ステイホーム」「おうちごはん」等、生活様式が変化していく中で、「新潟産品を食べて応援しよう!」をメッセージに、県内外の皆様に、新潟産品の美味しさや魅力をご提案していきます。

▼新潟直送計画で実施するキャンペーン内容

送料を含む、「通常価格」からの2割引。

▼対象商品

新潟県産の旬の農産物、県産牛肉、新潟清酒。
※加工品は対象外となります。

▼キャンペーン期間

6/10~12月末まで。
※予算に限りがあるため、早期終了となる場合があります。

外出自粛の影響による通販需要の高まり。

新潟直送計画は、400軒以上の県内生産者・メーカーが参加する、県内最大規模の産直サービスです。専門スタッフによる現地取材を元に、各メーカー・生産者から直送で県内産品を販売しています。通販運営に関わる面倒な事務作業やオペレーションを弊社が代行することで、県内のつくり手が、最低限の 手間とコストでネット販売を始められる仕組みです。

食品・酒・工芸品・カトラリーなどの商品を中心に取り扱いを広げ、2019年には年間流通額2.3億円に成長。外出自粛の影響による通販需要の高まりから、2020年3~5月の3ヶ月間における流通額は前年比216%に。県内事業者のインターネット通販への取り組みも増加し、同期間の新規出店申込数は70件を超えました。

今後も新潟直送計画では、全国的な通販需要の高まりと、県内生産者支援の動きを繋ぎ、県産品を通じた新たな流通とコミュニケーションによって、当社のミッションである「ローカルビジネスの未来を創る」ことを目指します。

\ SNSでシェア /