「新潟直送計画」で飲食店の新規出店を無償化・外出自粛の影響で苦境に立つ飲食店に、通販で新たな収益源を

1,149 view

本リリースに関するPDFはこちら

県内最大規模の産直ECプラットフォーム「新潟直送計画」を運営する株式会社クーネルワーク(新潟市西区小針、代表:谷俊介、以下クーネルワーク)は、外出自粛の影響で売上が下がっている県内飲食店に対し、4月末まで「新潟直送計画」への新規出店受付を無償化します。

外出自粛によりお困りの飲食店様へ

年間流通額2.3億円!新潟県内400店以上のメーカー・生産者が参加する県内最大の産直サービス

新潟直送計画は、新潟県内のつくり手と全国の消費者をつなぐ県内最大規模の産直サービスです。専門スタッフによる現地取材を元に、各メーカー・生産者から直送で県内産品を販売しています。インターネットでの販路拡大を考える上で大きな負担となる、「ページ作成・商品撮影・お客様対応・代金回収・集荷配送管理業務」など、通販運営に関わる面倒な事務作業を弊社が代行することで、県内生産者・メーカーが最低限の手間とコストでインターネット販売を始められる仕組みです。3大ECモールと呼ばれる、楽天市場・Yahooショッピング・Amazon上でも販売を行っています。

食品・酒・工芸品・カトラリーなどの商品を中心に取り扱いを広げ、2019年には年間流通額2.3億円・出店店舗数は400店舗を突破しました。注文の約95%は県外への発送となっており、県外へのギフト・県外からのお取り寄せの需要を取り込みながら、新潟産品を全国に発信する産直サイトとして成長を続けています。地域の産業発展への貢献や、ビジネスモデルの革新性が評価され、2019年9月には「新潟ITアワード2019」にて最優秀賞を受賞、2020年2月には「NIKS経営賞」で大賞を受賞しました。

外出自粛による売上低迷に悩む県内飲食店に対し、ネット通販への取り組みを支援します

新型コロナウィルスによる外出自粛などの影響で、飲食店では全国的にテイクアウトメニューや、デリバリーの展開、またネット通販向けの商品開発の取り組みが広がっています。その流れを受け、新潟直送計画では、県内飲食店の新規出店(出品数は1商品まで)に限り、新潟直送計画に出店する際の出店費用(通常10万円)・出品費用(通常1商品あたり5万円)を4月末まで無償化し、これまで培ってきた通販支援サービスとしてのノウハウを飲食店様向けに提供します。

また、外部の行政書士などとも連携し、ネット通販の開始にあたって必要となる保健所への申請業務や、一括原材料表示・アレルギー表示、包材やパッケージ制作などのサポートも行う体制を用意しています。

無償化の対象は、レストラン・居酒屋・料亭など、来店による食事提供を主とする飲食店に限定します。掲載を希望する飲食店様からの出店申し込みを頂いた場合、営業許可証・保健所申請の確認など弊社所定の出店審査を行い、店舗情報や商品の情報に関するヒアリングを行う予定です。昨今の状況を鑑み、現地取材は行わずに、オンラインでの打ち合わせや、当社スタジオでの商品撮影などを行いながら、ページ作成を進行します。ページ作成が完了次第、随時サイト上に掲載し、新潟直送計画での販売開始が可能となります。

「巣ごもり消費」による通販需要の高まり。今こそ飲食店応援!お店の味をお取り寄せ!

新潟県内で長く愛された老舗割烹の閉店などのニュースもあり、先行きの見えない県内飲食店の状況に対して、多くの不安・心配の声が上がっています。一方で、「巣ごもり消費」による通販需要は高まりを見せており、新潟直送計画においても、一時的にお米や簡単に調理できる食品などの注文が増え、2020年3月の売上は前年同月比で60%増となりました。

今後新潟直送計画では、外出自粛による通販需要と県内飲食店への応援の動きを繋ぐことで、県内・県外を問わず、広くお取り寄せによる飲食店支援の動きを生み出していくことを目指します。本日より新潟直送計画内に「飲食店からのお取り寄せ」に焦点を当てた特集ページを公開し、SNSなどでのPRも開始しました。


『飲食店応援特集』

これからも、株式会社クーネルワークは、「ローカルビジネスの未来をつくる」をミッションとし、技術で人と思いを繋ぐ総合WEBマーケティング企業として、地域と共に歩んでいきます。

\ SNSでシェア /