WEB制作始めるならエディターはAtomで決まり!【Windows環境向け】

725 view

制作部の藤代です。

WEB制作をしていく上で、最初に通るであろう「テキストエディターは何を選べばいいんだろう?」という悩み。。。

最近は無料で使える優秀なエディターが多く、社内でも「Sublime Text」、「Brackets」、「秀丸」など使用エディターはバラバラです。

editor_image

何を大事にするかで、エディター選び方は変わってきますが、この記事では、

無料で使える(完全無料)。
Windows環境で使える。
多機能でカスタマイズ性が高い。
UIがお洒落。

というところで、私が選んだGitHub製の「Atom」を紹介します。

Atomを使うメリット

オープンソースなので、完全無料で使える

「Atom」はオープンソースで開発されているので、完全無料で使えます。
無料のエディターなのですが、後述するパッケージテーマなどの開発が盛んに行われているので、機能面やデザイン面は非常に優秀なエディターです。

よく比較対象にされる「Sublime Text」を使って、

「Would you like to purchase a license now?」
(ねぇ、ラインセンス買わない?)

というポップアップに悩まされる位なら、無料で気兼ねなく使える「Atom」をオススメします。

Windows環境で使える(MacやLinuxでも使える)

WEB制作の現場だと、Windows環境って以外とマイナーで、Macが使われていることが多く、Mac専用のエディターも結構あります。

Windows環境で使えて、多機能でお洒落なエディターってそこまで多くないし、もし今後Macを使うようになったとしても問題なく使えるので安心です。

対応言語も十分で、ショートカットやパッケージなどの使い方を調べた時に、検索結果が多いのも大事なポイントです。

パッケージを追加することで、自分だけの高機能エディターに

「Atom」の最大のメリットが、様々なパッケージを追加出来ること。

例えば、

・メニューや設定画面の日本語化(デフォルトは英語)「japanese-menu」
・FTP接続が簡単に出来る「Remote-FTP」
・サイト制作の管理をしやすくする為の「project-manager」
・コードのチェックをしてくれる「linter」

などなど便利なパッケージがたくさんあります。

公式サイトから人気のパッケージを探すことが出来ますし、今後も素敵なパッケージが増えていくことに期待ができます。

UI(ユーザーインターフェース)がお洒落で、テンションが↑↑↑

せっかくデスクに向かっている大半の時間、見つめ合っているエディターだから、やっぱり見た目や使い勝手にはこだわりたい。

パッケージ同様にエディターの見た目を変更するためのテーマファイルもダウンロードすることが出来ます。

インターフェース(エディター全体)とシンタックス(文字周り)のテーマを、何千を超えるテーマから組み合わせることが出来るので、Atomを自分好みの見た目に簡単に変えることが出来ます。

また、「Atom」はブラウザの「Google Chrome」に使われている「Chromium」というWebエンジンをベースに作られているので、ある程度WEB制作の知識があれば、自分で見た目のカスタマイズをすることも出来ます!

このテーマがいいんだけど、「Javascriptの関数の色だけ変えたい!」などの細かい調整も可能なので、ビジュアル面に関しては文句の付けようがないです。「Atom」最強

Atomのデメリット

挙動が重い

軽量のエディターと比べるとやっぱり重いです。
多機能故に「Atom」の挙動は時々もっさりしてしまいます。(Webエンジンベースですし)

複数のディスプレイを使い、サンダーバード(メールソフト)を立ち上げ、Webブラウザを複数立ち上げ、たくさんのタブを開きながら作業していると、動きが鈍くなることがあります。とはいえ、パソコンのスペックがそれなりに高ければ、そこまで気になることもないかなっていうのが正直なところ。

重くなる原因として、パッケージの入れ過ぎなどがあるので、あまり使わないものはインストールしない(アンインストールする)ことで回避出来ます。

最後に

エディターは結局ツールであって、それ自体が目的ではありません。ストレスなく、安心して使いこなせるのが一番大事だと思います。

いつでも乗り換えることが出来るけど、出来ることなら長く付き合っていきたいのがテキストエディター。自分にあったエディターを見つけて、バリバリコードを書いていきましょー。

次回、Atom導入編は1週間後くらいに公開予定です。

WRITER

toshi

制作 toshi

1990年生まれの新米エンジニア。
慶応義塾大学文学部出身。

趣味は大学から始めた競技かるた(A級)/性格は飽きっぽいB型/移動手段はロードバイク/好きな食べものは馬刺し/わりと細身ですが、クーネルワークのクー(食)担当。

TAGS