こいつが最強のWordPressローカル環境構築ツール!?【LOCAL by Flywheel】

142 view

ゆーたです。

クーネルワークは現在、WEB広告、通販サイト運営、WEBメディア運営など、様々な事業を扱っていますが…
その中でも創業当時から続いている事業が「ホームページ制作」です。

特にWordPressを使ったサイト制作を得意としています。

ホームページ制作

ということで今回はWordPress関連の話題を一つ。

WordPressのローカル環境を構築するには…?

WordPressのローカル環境構築といえば、XAMPP(MacではMAMP)や、VCCWといったものが思いつきますが…
これらはサーバーやCUIの知識が必要な為、どちらかというとエンジニア向けのツールです。

「デザイナーやディレクターも気軽にローカル環境を構築できたらなぁ…」

そんなお悩みを解消してくれるのが今回ご紹介する「LOCAL by Flywheel」です!

それでは早速その使い方を見ていきましょう。

公式サイトからLOCALをダウンロード

まずは公式サイトからLOCALをダウンロードします。
Mac、Windowsのどちらにも対応してますね。うれしい。

ダウンロード前に個人情報を入力する欄が出ますので、ささっと入力してダウンロードしましょう。
※「メールアドレス」と「現在所持しているWEBサイトの数」は必須項目です。

LOCALのセットアップ

無事ダウンロードできたら起動します。
気前よく「LET’S GO!」ボタンを押しましょう。

ぐるぐるぐるぐる……

ひたすら待ちます。

WordPressサイト設定

さて、セットアップが完了したらいよいよWordPressサイトの設定を行います。

まずはサイト名を入力します(なんでもよいです)。
僕はナポリタンを愛してやまない人種なので「neapolitan.com」にしました。

ちなみにこの画面で「ADVANCED OPTIONS」をクリックすると、サイトのドメイン、ローカルのパス、ブループリントを使うかどうか、を確認・編集できます。
※LOCALでは一度作成した環境をテンプレートとして登録することができ、それをブループリント(設計図)と呼びます。初めてLOCALを起動した際は、この機能は使えません。

続いて、PreferredかCustomを選びます。
特に設定を変更する必要なければPreferredのままで問題ありません。

Customを選択するとPHPのバージョン、WEBサーバー、MySQLのバージョンを変更できます。
後々WEBサーバーにアップするつもりなら、本番環境と同じ設定にしてあげるとよいでしょう。

WordPressの初期ユーザー情報を設定します。
ここでの「ADVANCED OPTIONS」ではマルチサイトにするかを選べます。デフォルトでは「No」となっていますが、「Yes」とした場合には、さらにサブディレクトリ型、サブドメイン型から選択することができます。

そして最後に「ADD SITE」をクリックすることで、ローカルにWordPressがインストールされます。

あっという間に終わりました。

その他の機能

WordPressをインストールするだけがLOCALの機能ではありません。
ホーム画面には「SITE SETUP」「DATABASE」「SSL」「UTILITIES」の4つのタブがあります。

まず「SITE SETUP」タブでは、先ほどのウィザード内で設定したPHPのバージョンやMySQLのバージョン、ローカル環境のパスといった情報を編集することができます。

「DATABASE」タブではデータベースの情報を確認できます。
「ADMINER」をクリックすると、ブラウザ上でデータベース内部を確認・編集できます。

「SSL」タブでは、簡単にSSL化を実装できます。
「TRUST」をクリックし、パスワードを入力すると、表記が「TRUSTED」に変わります。これでSSL化は完了です。簡単ですね。

「UTILITIES」タブからは、MailHogというメールテスト用ツールにアクセスできます。

サイトの確認

さて、それではインストールしたサイトを実際に見てみましょう。
LOCALの画面右側に「VIEW SITE」ボタンがありますので、クリックして開きます。

「VIEW SITE」ボタンの横に「ADMIN」ボタンが並んでいます。
こちらをクリックするとログイン画面が開きますので、ユーザー名とパスワードを入力してログインします。

ダッシュボードが開きました。
LOCALでインストールされるWordPressは英語版なので、日本語化したい場合は「Setting」→「General」とアクセスし「Site Language」を日本語に変更します。

サイト確認用URLを発行できる

LOCALには「ngrock」という機能がデフォルトで付いています。
実はこれ、ローカル環境にあるWordPressサイトに外部からアクセスできるようにするサービスなんです。

LOCAL画面の下部に「Live Link: xxxxxxx.ngrok.io」という表記があります。
この「xxxxxxx.ngrok.io」に他端末からアクセスすると、なんとローカル環境にあるサイトを閲覧できてしまうのです。

これを使うとローカル環境で開発を進めながら、サーバーにアップする必要なく、クライアントや開発メンバーにサイトを確認してもらうことが可能になります。シンプルに便利。

まとめ

今回はLOCALの主な機能を紹介してきましたが、いかがですか、簡単そうでしょう?
高い知識がなくても、WordPress環境をローカルにインストールできるのがLOCALの最大の強み。

WordPressを使ってなにかサイトを立ち上げたい方、ぜひ一度LOCALを試してみてください。

\ SNSでシェア /

WRITER

ゆーた

制作 ゆーた

新潟生まれ新潟育ち。1992年生まれ。

制作部として奮闘中。たまにカメラも構える。
体力なさそうなのはデフォルトです。