Photoshopで手書きのイラストをIllustratorのパスにする方法

364 view

こんにちは!制作部のデザイナー両角です。

案件で度々ちょっとしたイラストを描いてIllustratorに起こす機会があるので、備忘録にブログに残したいと思います!

1.紙とペンでイラストを描こう

まずイラストを用意します。
スキャンしても、写真を撮ってもどちらでも構いません。
パスに変換するため、ペンでくっきりした線で清書してくださいね!

今回はこちらのねこちゃんをパス化していこうと思います!

ねこだよ

2.Photoshopを開こう

パス化したいイラストをまずPhotoshopで開きます。
クイック選択ツールを使って、イラストの線を選択していきましょう。

線を選択し終わったら、そのままライブラリパネルの「パス」→「作業用パスを作成」をクリックします。クリック後に出てくる「許容値」についてのポップアップは、とりあえずデフォルトの0.5pixelでOKです。

作業用パスが作成されました!

ば〜ん

作成されたパスを、Illustratorに書き出す作業に入ります。
「ファイル」→「書き出し」→「Illustratorへのパスの書き出し」をクリックし、「作業用パス」を選択しましょう。

すると.ai拡張子で、ファイルの保存先を求められます。任意の場所に保存をすれば、Illustratorへの手書きイラストのパス化が完了です!

3.Illustratorで開いてみよう

さてさて、パス化されたaiファイルを確認して見ましょう!

…?
あれ…ねこちゃん失踪した…?

…ご心配なく!ちゃんとねこちゃんのパスは生きております!

試しにCtrl+Aで全選択してみます!

大丈夫、ここにいるよ

い、いたーー!!

しかし再開の喜びもつかの間、aiデータに生まれ変わったばかりのねこちゃんはパスが合体されているため、そのまま色を塗ってしまうと顔が潰れてしまいます…。これを解消するため、全選択をしたまま「パスファインダー」パネルの「分割」で、顔を復活させてあげましょう!

分割完了しました!
顔を作るのを邪魔していた邪悪なパスを除去してあげて、お好みの色を選択してあげれば完成です!

Hi.

4.最後に

このままだとちょっとカクカクして見えるな〜という場合は、「効果」を使うと角を丸くできたり、線を手書き風にしたりも可能です。ぜひ試してみてください!
ありがとうございました!

\ SNSでシェア /

WRITER

iori

制作部所属 iori

1993年生まれ。
新潟市出身。

猫と映画と音楽が好きです。

TAGS