新潟随一の豪農屋敷、北方文化博物館


今回ご紹介するのは、新潟県でも有数の豪農であった伊藤家の館。今は屋敷兼資料館となっている、「北方文化博物館」

豪農といっても、どれほどの農家であったのか。公式サイトにはこう書かれています。

全盛期には、1市4郡60数ヶ町村に田畑1,370町歩(1,372ha)を所有し、越後随一の大地主として、その名は県下に鳴り響いていましたが、農地解放により広大な農地は伊藤家の所有を離れることになります。

す、すげぇぇぇぇ!規模が分からんほどすごい!!

ちなみに場所は、

大きな地図で見る

こちら、新潟市江南区沢海なのですが、何とこの家から弥彦の方まで「私道」があったとも言われています。その距離約38km!!

色々と規格外ですね。

北方文化博物館 - 1
敷地に入るとこのような感じ。この奥に館があります。

北方文化博物館 - 2
館の手前にあるししおどし、風流ですねぇ。

それでは早速館の中へ入ってみましょう。


カテゴリー: 観光情報

この記事を書いた人。

iri

制作 iri

東京生まれ文系育ちのシステム担当。幼年期はゲーム・漫画に明け暮れていました。嘘です。今もです。

やってきたことはサイトの制作・運営・運用 / コンテンツの撮影・ライティング・簡易デザイン / WordPressのカスタマイズ・プラグイン開発 / ペットの飼育・保守 / 中高生の受験指導です。

>>もっと詳しく