2011年夏、新潟の夏(食)を大いに楽しむ会


代表(谷)の奥さんの実家から、「じゃがいも」「タマネギ」「湯上り娘」(枝豆)・「スイカ」「桃」等々を頂きました。

奥さんのご実家さんの畑で採れたものだそうで、いわば「産直」農産物

よーし、新潟の夏(食)を楽しむぞ!ということで、晩さん会が先日開かれました。その模様を私、iriがレポート致します。

主な献立
・3種類のルー入り新鮮じゃがいもたまねぎカレーライス(新潟県産米使用)
・その出会いは偶然じゃない、特製じゃがバター!
・~シンプルに茹でて頂く~新潟名物、湯上り娘(枝豆)!
・切るまでドキドキ分からない、赤スイカ・黄スイカ!
・ピンクの溢れる水しぶきフルーティネス、桃!

後半何言ってんのかよくわからなくなってしまいましたが、調理開始です。

cooking01

いざ、進めやキッチン。

目指すはじゃがいもです。

cooking02

タマネギと一緒に水洗いします。

cooking04

cooking03

さてさて、「カレー」ということで、気になるお肉は・・・

cooking05

そう、スーパーのお買い得合挽き肉です。

村上牛とは相成りませんでした。

目を背けてはいけません、それが現実です。今回は野菜・果物が主役なのです。

使うお鍋はこちら。

cooking08

代表の奥さんのご実家からお借りしたでっかいお鍋です。ありがとうございます。

じゃがいも、タマネギ、人参等々を入れ、お肉をぶち込みます。

cooking06

雑にぶちこみます。男の料理という大義名分が免罪符です。ちょっと難しい言葉並べとけばいいと思っている節があります。

気を取り直して、煮込みます。

cooking09

さあここで肝心のカレールーの登場です。

何と今回、3種類でご用意がございます。

cooking13

題して、「甘甘ゴールデン熟まろ2段カレーこくカレーカレー中辛」

何でもかんでも略したがる現代若者への強烈なアンチテーゼ!!

さあ、やりたい放題だ!!細かいことは気にせず、とにかく入れよう!

ルーを投入!!どぼん!!

それを・・・

cooking14

cooking15

こう!

手首のスナップを利かせ、一思いにミックスなう!!

するとどうでしょう。

cooking16

まろみ(?)、とろみが増すのです。匠の技が光ったところで、あとは煮るだけです。

「カレーライス」の「ライス」部分

さて、気になる「カレー」の「ライス」。

お米は、こちらも頂きもの、紛う方無き「新潟県産米」!!

炊いてくれるのはこちら!!

cooking07

タイガージャー!

実は「おこげ」機能ボタンが付いています。

しかし、逸る好奇心でこのスイッチを押してしまうと全てが台無しになってしまいます。ここは下唇を噛み締め、ぐっとこらえます。実に英国紳士な振る舞いです。よく分かりません。

「カレー」の煮込み、「ライス」の炊きこみが同時進行中。

・・・米が炊けたっ!!!

どれどれ。

cooking11

ご覧ください!!お米のスタンディングオーべ―ション!!場内総立ちの白銀の世界!!その艶やかなお米達の織り成す何とかがえーと、とにかく美味しそう!!

その色白美人達を・・・

cooking12

こう!!

手首に返しを利かせ、一思いにほぐしなう!!

一方その頃のお鍋さん。

cooking10

静かに来るべきその時を待ちます。


カテゴリー: 新潟グルメ

この記事を書いた人。

iri

制作 iri

東京生まれ文系育ちのシステム担当。幼年期はゲーム・漫画に明け暮れていました。嘘です。今もです。

やってきたことはサイトの制作・運営・運用 / コンテンツの撮影・ライティング・簡易デザイン / WordPressのカスタマイズ・プラグイン開発 / ペットの飼育・保守 / 中高生の受験指導です。

>>もっと詳しく