煎り大豆が仕事中のおやつに最強なわけ

5,267 view

クーネルワークのクー(食)担当、藤代です。

自分はデスクに向かって仕事をしているとすぐにお腹が空いてしまうので、常に何かしらのお菓子・おやつをストックしています。グルメ&健康志向として、日々のおやつに何を選ぶかはとても重要なこと。。

この間までのマイブームは、ハイカカオチョコレートだったのですが、チョコを食べ過ぎるのも如何なものかと思い、最近煎り大豆に切り替えました。

そんな私のおやつ選びのポイントをまとめました。

仕事中に食べるおやつを選ぶ時のポイント

1.業務に支障がでないか?

これは当たり前なのですが、仕事中に飴やガムを噛んでいるととっさに電話にでることは難しくなります。自分が真っ先に電話に出る必要がある、電話対応の多い時期はとくに飴・ガムをおやつにすることは止めた方がいいでしょう。(会社によっては禁止されていることもありますね)

また、べたつくものや粉がついているものなどは不衛生になりがち。手が汚れないものや、さっとウェットティッシュで拭いて済むもの以外は、仕事中のおやつにはあまり向いていないと言えます。

2.糖分を取り過ぎていないか?

おやつというとどうしても、糖分摂取を兼ねて甘いものになりがち。
でも、何も考えずにパクパク食べてしまうと、肥満や虫歯、その他諸々の成人病が気になります。

仕事はやはり身体が資本。多少甘いものを取るのもいいですが、日々つまむおやつには糖分の多くないものが望ましいです。

その点で大豆の栄養成分は、畑の肉というだけあり、たんぱく質が多く、糖質も普通のお菓子と比べると少なめ。味の調整されていない、ただの煎り大豆であれば、塩分を取り過ぎる心配もありません。他にもイソフラボンなどの嬉しい成分も含まれています。

3.腹持ちがよいか?

大豆は炭水化物、たんぱく質、脂質など、人の活動に使われるエネルギー源が多く含まれているのでそれなりにカロリーがあります。

とはいえ、一粒一粒が小さく、またそれなりに食べごたえ、噛みごたえがあるので、食べ過ぎる心配もありません。

4.愛飲しているドリンクに合うか?

煎り大豆は、水分量が少なく、食べると飲み物が欲しくなります。

クーネルワークには、エスプレッソマシーンもあるので、好きな時に珈琲が飲めます。自分は日に3~4杯は珈琲を飲むのですが、どちらも豆だからでしょうか?珈琲と大豆はかなり相性が良い気がします。

通販で簡単に手に入る・色々な味を楽しめる

薬局やスーパーにも大体置いてあるとは思いますが、あまり同じものばかり食べるとすぐに飽きてしまうので、大豆・黒豆・青豆が混ざったミックスタイプに最近はシフトしています。やはり手軽に食べることが出来て飽きのこない味、仕事のおともには煎り大豆が最強です。

最近個人的に買ったおすすめのミックス豆です↓

\ SNSでシェア /

WRITER

toshi

制作 toshi

1990年生まれの新米エンジニア。
慶応義塾大学文学部出身。

趣味は大学から始めた競技かるた(A級)/性格は飽きっぽいB型/移動手段はロードバイク/好きな食べものは馬刺し/わりと細身ですが、クーネルワークのクー(食)担当。