「iOSDC Japan 2018」&「俺コン 2018 Summer」に登壇します

243 view

こんにちは。

モバイルエンジニアのアベユウタです。

この度iOSDC Japan 2018俺コンに登壇させていただくことになりました。

iOSDCとは

iOSDC JapanはiOS関連技術をコアのテーマとした技術者のためのカンファレンスです。(公式サイト引用)

2016年から毎年開催されており、3回目となる今年は早稲田大学で8/31~9/2の期間に開催されます。

iOSエンジニアなら是非行っておきたい国内最大級のテックカンファレンスです。

俺コンとは

俺コンとは、iOSDCに不採択となったけど普段勉強会やカンファレンスを開催しているエンジニアさんたちが本当に聞きたかったトークを選んで開催されるカンファレンスです。

実はiOSDCで違うテーマでcfpを提出しており、そちらは不採択となってしまっていたのですが、Twiiter経由で@d_dateさんからお話をいただき登壇させていただける運びとなりました。

iOSDCで採択していただいたのももちろん光栄なことなのですが、もう一方のテーマに対して他のエンジニアさんたちが「聞いてみたい!」と感じてくれたことは非常に嬉しかったです。

iOSDCには規模的にはどうしても劣るものの、iOS界隈で有名なエンジニアさんたちが数多く参加されます(とは言え2日開催だし、Twitterで調べる限り面白そうなトークが聞けそう)。

9/12,13に株式会社ディー・エヌ・エーさんのオフィスで開催されます。(私は1日目の参加ですが)

iOSDCでのセッションテーマ

iOSDCでのセッションテーマは「田舎のWebベンチャー企業にアプリ事業を持ち込んだらこーなった」というタイトルでお話します。

私が入社してから、もともとモバイルアプリ文化があった会社や都内のアプリ会社ではできないような大変貴重な経験を数多くさせてもらいました(0からのスタートでしたので辛かった事実は否めませんが…)。

その中で「モバイルエンジニアとして入社してから半年間やったこと」「アプリ文化のない会社組織との付き合い方」「ローカル地域のアプリ市場の現状と未来」に焦点を当ててお話しようと考えています。

俺コンでのセッションテーマ

俺コンでのセッションテーマは「Androidを考えたiOSアンチパターン」というテーマでお話します。

iOSとAndroidアプリの違いに関しては以前の『何気ない「同じアプリなんだから」と言う認識が発足初期段階のプロジェクトを傷つけそう』でも書かせてもらいましたが、両OS開発が前提の場合レイアウトやコードレベル、アーキテクトなど様々なシーンで「こうしなきゃよかった…」というシーンがあります。

1人でiOS/Android両方を全て開発する、と言った経験は大変貴重かと思いますので(辛いのは本当に否めない…)両OSアプリを開発する際に幸せになれる方法を、経験談からお話しようかと思います。

 

 

iOSDCでは最終日の13:30~、俺コンでは1日目に登壇予定(タイムテーブルは現時点で未定)ですので、現地で見かけたら気軽に話しかけていただけると嬉しいです。

また現地に行けない方も当日のスライドはSlideShareにあげますし、iOSDCではYouTubeで動画が公開されるそうなので別途お知らせできればと思います(Twitter見てもらえれば何かしら呟いていると思います)。

…スライド作るの頑張ります。

\ SNSでシェア /

WRITER

アベユウタ

モバイルエンジニア アベユウタ

2017年11月入社 制作部 所属

新潟市出身です。
iOS/Androidのモバイルアプリ開発が好きです。
好きな言語仕様はSwiftのProperty ObserversとKotlinのエルビス演算子です。

休日もパソコンカチカチしているタイプの人です。

Twitterによく出没します→@yutaabe200

TAGS